ホーム
規定集
役員等
年間スケジュール
抽選結果・大会結果等
功労者ベストナイン表彰
県連主管大会
県球連たより
登録・県大会申込書
県内支部一覧
リンク
野球場案内(地図)

連盟について

群馬県野球連盟

会長 清水 靖夫  理事長 地 康男

群馬県野球連盟の方針

モットー 「集中・確実・迅速」

@ 連 盟・支 部

  • 軟式野球チームを統轄する団体としての誇りと責任をもち、組織の強化、拡充を図る。
  • 全軟連・県連盟の諸規定およびホームページの徹底、活用を図る。
  • 競技力の向上・審判技術の向上・普遍化に努める。
  • 審判員、記録担当、放送担当の養成に尽力する。
  • 学童女子チームの結成を推進する。

A 学童部・少年部

  • 軟式野球を通じて、健康で明るいスポーツが好きな児童・少年を育成する。
  • 「早寝、早起き、朝ごはん」を奨励する。
  • 野球の基本をしっかりと身に付け、かつ基礎体力づくり、仲間づくりに努める。

B 成年の部Aクラス

  • 技術・マナーとも本県軟式野球界のリーダーを自覚し、より一層の鍛練で、競技力向上を図り、全国制覇を目指す。
  • バッテリー及び体力、精神力を強化し、勝つことに集中、執着する。

C 成年の部B・Cクラス、壮年の部

  • 野球を楽しみながら、競技力向上を図り、全国大会出場を目指す。
  • 軟式野球を通じて、スポーツの振興を推進し、明るい社会建設に尽力する。

D 熟年の部、還暦の部

  • 軟式野球を愛好し楽しむ者同士の親睦を図り、軟式野球の普及発展に寄与する。
  • 軟式野球を通じ、明るく爽やかに健康を維持して生涯スポーツを推進する。

群馬県野球連盟の概要

 昭和21年混とんたる世情と物資欠乏のさ中、天皇賜杯大会実業軟式野球大会を開催し、県民一人一人の心に潤いを与え建設的意欲をもりたてた。  その後、県下に20支部が出来、昭和32年より全ての軟式野球人が全国大会へ出場できるようになりBCクラス設けられ底辺の拡大に大いに役だった。  昭和34年より町内対抗壮年大会、昭和45年には学童大会、昭和55年に還暦野球大会を全国に先駆けて実施し昭和60年に第1回全国大会を開催し、学童から還暦まで生涯スポーツとして確立した。
 審判研修講習会、学童、一般指導者講習も45年間行っている。平成19年度より合併により14支部となり、第1回還暦、熟年、壮年軟式野球選手権大会が新設される。

【全国大会栄光の跡】
国民体育大会 優 勝 専売公社高崎 第14回 東京
新町役場 第30回 三重
準優勝 群馬酒造 第47回成年2部 山形
群馬選抜 第61回一般B 兵庫
太田市役所 第64回 新潟
第三位 上信電鉄 第8回 松山
あかぎクラブ 第49回成年1部(壮年) 愛知
高碕市役所 第66回 山口
国民体育大会 少年の部 第三位 伊勢崎クラブ 第32回 青森、第42回 沖縄
太田少年野球クラブ 第38回 群馬、第39回 奈良
天皇賜杯 優 勝 JT高崎 第49回 宮崎
準優勝 上信電鉄 第8回 山形
第三位 新町自衛隊 第11回 和歌山
伊勢崎レッドソックス 第14回 群馬
橋本フォーミング工業 第33回 静岡、第39回 福井
高松宮賜杯大会一部 優 勝 東芝電気器具 第15回 長野
関東西濃運輸 第57回 大分
全日本還暦大会 優 勝 桐生OBクラブ 第1回群馬、第2回青森、第3回茨城
オール太田還暦野球クラブ 第10回 静岡
高円宮賜杯全日本学童大会 優 勝 大間々東小リトルジャイアンツ 第19回 水戸